「建設業」の一人親方労災保険 1ヶ月10,917円~もっと簡単、もっと安心短期加入OK とりまとめ加入OK

ネットで加入申し込み

お電話でご相談!

まずは無料見積りで保険料をチェック!

労災保険はいつから必要ですか
労災保険はいつまで必要ですか
カード型の加入者証は必要ですか
給付基礎日額をお選びください

※ 給付基礎日額16,000円以上の場合は、直近の所得証明書の写しが必要となります。


加入期間
保険料等のお支払総額

ネットで加入申し込み

加入申込書を印刷

とりまとめ申込書作成フォーム

「一人親方労災保険」について

ネットで加入申し込み

お電話でご相談!

加入申込書を印刷

一人親方労災保険とは


建設業の一人親方労災保険の特別加入制度について説明します。

労災保険は、本来、労働者の業務または通勤による災害に対して保険給付を行う制度です。

しかし、労働者以外でも、その業務の実態、災害の発生状況などから、労働者と同じ程度に保護することが必要な一定の人がいます。

その人たちの中でも、建設業に従事する一人親方さんは、特別に労災保険に任意で加入することを認められています。

これが「特別加入制度」です。

要約すると「特別加入とは、労働者ではない個人事業主が労災保険に任意で特別に加入することができる」制度です。

特別加入を希望する建設業に従事する一人親方さんは、以下をお読みいただき、労災保険の特別加入制度についてご理解いただき、ご加入ください。

一人親方とは
一般的に一人親方とは、弟子を持たずに一人で仕事をする個人事業主を指す言葉です。

労働者災害補償保険法(以下「労災保険法」といいます。)でいう建設業の一人親方等とは、建設業に従事する個人事業主およびその同居の親族(家族)をいいます。

この一人親方等のうち「等」に含まれる方が同居の親族(家族)を指しています。

一人親方さんが個人事業主であっても、株式会社のような法人であっても家族だけで仕事を請け負っている建設工事に従事する一人親方さんは、特別加入することができます。

建設業の一人親方さんで従業員を雇っている場合は、労災保険がおりないと言われる専門家もいます。この説明は、半分はあっていて半分は間違っています。

建設工事現場で作業をする従業員を雇っている場合、建設業の一人親方労災保険に加入していても労災保険の補償を受けることができません。

ただし、パートで事務員を雇っている場合は、一人親方さんが労災保険に特別加入していれば、建設工事現場でケガをしたとき労災保険の補償を受けることができます。

建設業の一人親方さんは工事現場で建設工事に従事していることが労災保険に特別加入する要件となっています。

労災保険法でいう建設業の一人親方労災保険は、任意で加入することができる制度です。

任意ですから、建設業に従事していなくても労災保険に特別加入することができますので、この点は注意が必要です。


なぜ一人親方労災保険に加入するのか?
建設業の一人親方さんが労災保険に特別加入する理由の多くが、「元請に言われたから」、「一人親方労災保険に加入しないと現場に入場できないから」です。

建設工事現場に入るためには一人親方労災保険に加入すること=自動車を運転するためには自動車運転免許証を取得することとなっています。

一人親方労災保険の保険料等は、稼ぐための必要経費と考えたほうがいいかもしれませんね。


一人親方労災保険に加入する方法
次に、一人親方労災保険に加入する方法について説明します。

建設業の一人親方労災保険は、各都道府県の労働局が承認した一人親方団体を通じて特別加入することになります。

一人親方さんが、直接労働基準監督署に行き労災保険に特別加入することはできません。


加入時健康診断
そして、加入時健康診断について説明します。

加入する際、一定の業務に一定期間以上従事した一人親方さんは、加入時健康診断を受けていただくことになります。

加入時健康診断が必要な業務、期間は次の通りです。

特別加入予定者の業務の種類 特別加入前に左記の業務に従事した期間(通算期間) 必要な健康診断
粉じん作業を行う業務 3年以上 じん肺健康診断
振動工具使用の業務 1年以上 振動障害健康診断
鉛業務 6か月以上 鉛中毒健康診断
有機溶剤業務 6か月以上 有機溶剤中毒健康診断

この加入時健康診断は、予約を取ることが難しい地域がありますので注意が必要です。

加入時健康診断の費用は国が負担しています。ただし、病院への交通費は自己負担です。

加入時健康診断を受診後、2~3か月程度で管轄の労働局から特別加入の承認・不承認の連絡があります。

特別加入が制限される場合もありますので、加入時健康診断に該当すると思われる一人親方さんは、できるだけ早く加入手続きをしておくとよいでしょう。

従業員を雇ったら一人親方労災保険の補償は受けられない?
一人親方労災保険は、一人で建設業を営んでいる一人親方さんと同居のご家族のうち建設現場で仕事をする人が労災または通勤災害時の補償を受けることができる制度であることは、すでに説明した通りです。

では、一人親方労災保険に加入されている一人親方さんが従業員を雇ったら、加入中の一人親方労災保険では労災保険の補償を受けられないのでしょうか。

そうではありません。

現場で建設工事をする従業員を雇ってから3か月+10日の100日未満であれば、従業員がいても労災保険の補償を受けることができます。

現在、建設業の一人親方労災保険に特別加入中の方から、「従業員を雇ったから、すぐに一人親方労災保険をやめて中小事業主の特別加入に変更しなければならない」と言われた。とお電話をいただくことがあります。

まず、雇った従業員が続くかどうか1か月程度様子を見てから、中小事業主の特別加入に変更しても遅くはありません。

一人親方労災保険と確定申告について
一人親方労災保険に特別加入した際に必要な経費は、次の通り確定申告で所得控除することができます。

・入会金、会費は消費税等非課税で経費として算入できます。一部の一人親方労災保険組合は消費税等が課税される場合もありますので組合に確認が必要です。
仕訳は、入会金○○円/現金○○円、諸会費□□円/現金□□円となります。
他にもすでにお使いの勘定科目があるかもしれません。

・労災保険料は、社会保険料控除として所得から控除することができます。

余分な税金を支払わないためにも、無料税務相談や税理士にご相談されることをお勧めします。

以上で一人親方労災保険の概要がお分かりいただけたかと思います。

日本全国にたくさんの一人親方労災保険組合がありますので、安くて、早くて、安心できる一人親方労災保険組合を比較サイトで探してみるのも一つですね。


詳しくはこちら>

短期加入について


短期加入とは
一人親方労災保険の加入期間を「1か月コース」「2か月コース」「3か月コース」から自由に選択できるプランです。
安い保険料で「必要なときに必要な期間だけ」加入することができます。
加入期間が経過しても、何度でも再加入ができます。
労災保険が不要な期間に保険料を支払う必要がありません。
「この現場だけ」安く労災保険に加入したい一人親方さんにおすすめ。
元祖「短期加入」なら一人親方労災保険RJCです。

たとえばこんなときに
「一人親方労災保険に入っていないと現場に入れないよ」と急に言われてしまった。
すぐに加入したい。でも、現場はたった3日だけ。3日だけのために1年分の労災保険料を払うのはイヤだ! 何とかならないの?

(例)
 必要なのは4月3日から3日間だけ。
 年度加入→33,095円
 1か月加入→10,917円
 ※ 給付基礎日額3,500円の場合

必要な分だけ無駄なく加入するなら、一人親方労災保険RJCの「短期加入」で決まりですね。

とりまとめ加入とは


複数の建設業の一人親方さまをまとめて加入させたい元請け会社の担当者さま。とりまとめ加入で安心して労災保険に加入できます。


詳しくはこちら>

保険給付


保険給付の種類
一人親方労災保険に加入している人(特別加入者)に対する保険給付等については、一般の労働者の場合とほぼ同様に、業務上の事由または通勤により傷病を被ったときに各種の保険給付を行っています。

ただし、特別支給金のうちボーナス等の特別給与を算定の基礎とするいわゆる「ボーナス特別支給金」については支給されません。

保険給付の額
一人親方の保険給付のうち療養(補償)給付については、現物支給(病院での治療費のことです。)ですから、給付額において労働者の場合と同様です。

しかし、その他の保険給付は、労働者の場合、その労働者の平均賃金に相当する額を給付基礎日額とし、これを基礎として所定の率や日数を乗じて得られる額が給付される額となります。

一人親方の場合、この基礎となる賃金がありませんから、これに替わるものとして、法で定められた給付基礎日額から自己の収入等に見合ったものを選び、その他国所定の率や日数を乗じて得られる額が給付額となります。

労災保険給付の概要
厚生労働省が「労災保険給付の概要」リーフレットを発行していますので、こちらをダウンロードしてご確認ください。

「労災保険給付」の概要のダウンロード


詳しくはこちら>

よくある質問


加入について

いつ加入者証ができるの?

一人親方労災保険RJCは、申し込み完了したその日に労災保険番号の発行をお約束しています。ただし、加入時健康診断が必要な方は、本加入者証ではなく仮加入者証を発行させていただきます。
訪問して手続できるの?

一人親方労災保険RJCは、ネット、FAXで加入手続を行っています。忙しい一人親方さまに大変ご好評いただいております。
加入手続きはちゃんとしてるの?

一人親方労災保険RJCは、加入前健康診断に関する内容説明、受診の要否をお電話にて行っております。
加入申込はどうやってやるの?

一人親方労災保険RJCは、ネットで加入申し込みがスムーズにできるシステムを導入しています。これは、一人親方労災保険RJC独自で開発したシステムです。
加入申込書はFAXしてもらえるの?

一人親方労災保険RJCにお電話いただけましたら、加入申込書をFAX送信させていただきます。なお、お近くにコンビニがあれば、コンビニでネットプリントを利用してFAX受信することもできます。
番号をFAXで送ってもらうことはできるの?

一人親方労災保険RJCは、当日中にメール、FAXにて労災番号をお知らせするサービスを無料で行っています。労災番号は、午後13時までに申し込み完了したその日にお知らせしています。
申込みはどうすればいいの、簡単にできる?

一人親方労災保険RJCは、最も早いネットからの加入申し込みができます。加入申し込みのシステムも、加入される方の立場を考えて常に改善しています。
短期の加入はできるの?

一人親方労災保険RJCは、1か月~3か月の短期加入ができます。仕事がない月もムダな労災保険料を支払わなければならないということがないようにしています。
加入できる地域は?

ご安心ください。一人親方労災保険RJCは、日本国内にお住いの建設業の一人親方様がご加入いただける47都道府県を網羅した建設業の一人親方団体です

給付基礎日額について

給付基礎日額ってなに?

労災事故や通勤災害に遭ったとき、休業補償の計算の基になる金額を給付基礎日額といいます。給付基礎日額については、ご加入者様が3,500円~25,000円の16段階からご自身で選ぶことができます。例えば、給付基礎日額3,500円を選ばれた場合、労災事故で休業開始した4日目から2,800円が休業補償として支払われます。
給付基礎日額の選び方は?

一般的にはその建設業の一人親方様が所得に応じて選んでいただくことになります。建設業の一人親方労災保険への加入は、任意加入ですから、保険期間の給付基礎日額もご自身の状況でお選びいただくことができます。
給付基礎日額3,500円って万一のときの補償が少ないような気がするけど?

いままで建設業の一人親方労災保険に特別加入していなかった一人親方様が、いきなり高額な給付基礎日額で掛け捨ての労災保険料を支払うほうが不思議です。ご自身の置かれた状況や懐具合を考えて給付基礎日額を決定するのが当たり前ですよね。ですから、最初は給付基礎日額3,500円から加入するという選択肢もあると思います。無理せず、長く加入することが大切です。
給付基礎日額で治療費も変わるの?

給付基礎日額3,500円を選んでも、25,000円を選んでも治療費が無料なのは同じです。

料金、支払について

いくらで加入できるの?

一人親方労災保険RJCは、10,917円~加入できます。また、給付基礎日額については、ご加入者様が3,500円~25,000円の16段階からご自身で選ぶことができます。
クレジットカード払いはできないの?

一人親方労災保険RJCは、安全のために加入者様からのお振込みをお願いしています。お振込先も安全、安心のメガバンクを指定させていただいております。
料金の内訳はどうなってるの?

お見積もりページにてご確認いただけます。お見積ページはこちらをクリックしてください。
毎月払い、分割払いはできる?

一人親方労災保険RJCでは、保険料等のお支払いは加入時の一括払いのみとさせていただいております。1か月~3か月の短期加入ができますので、必要な期間だけご加入いただくことでお支払い金額を抑えることができます。
コンビニ払いはできるの?

一人親方労災保険RJCでは、最も早く対応できる加入者ご自身での銀行振り込みをお願いしています。コンビニ払いの場合は払込用紙をお届け(郵送)する必要があるため、加入したいその日に加入することができません。

団体について

ちゃんとした団体なの?

ご安心ください。 一人親方労災保険RJCは、管轄労働局より承認を受けた全国対応の一人親方労災保険団体です。
一人親方労災保険RJCってどういう団体?

一人親方労災保険RJCは、建設業の一人親方様が何かの理由で労災保険に特別加入しなければならないときに「必要なときに、必要な期間を、状況に応じた労災保険料で」加入できることを目的としている建設業の一人親方団体です。

団体案内


サイト名称 一人親方労災保険RJC
団体名称 一人親方労災特別加入事務センター
労災保険の種別 第二種特別加入(保険者が政府の労災保険です。)
一人親方労災保険RJCは、ネット特別加入を取り扱っています。
※1 ネット特別加入とは、インターネット等の利用を通じて手続きを行うことにより、当日中に労災保険番号をお知らせすることができるシステムです。
※2 ネット特別加入は、一人親方労災保険RJCが商標登録手続中の固有の名称です。
取扱エリア 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 
にお住まいの建設工事に従事する一人親方とその家族従事者
所在地 一人親方労災特別加入事務センター 東京本部
〒104-0061 東京都中央区銀座3-14-13 第一厚生館ビル5F

一人親方労災特別加入事務センター 中部本部
〒486-0945 愛知県春日井市勝川町6丁目140番地 王子不動産勝川ビル2階


※1 一人親方労災保険RJCの一人親方労災保険は、ネット特別加入のため、WebまたはFAXにてお申し込みください。
※2 すべての事務手続は事務集中処理センターで行っております。

労働局、労働基準監督署一覧 ≫
電話番号0120-931-519
FAX番号03-6831-2752
営業日月曜日から金曜日(土日祝を除く)
営業時間9:00~17:30
ホームページhttps://www.一人親方労災保険.tokyo


ネットで加入申し込み

お電話でご相談!

加入申込書を印刷

個人情報保護方針   サイトポリシー