建設業一人親方労災保険のことは一人親方労災保険RJCへお問合わせください。給付基礎日額3500円で特別加入。

国の一人親方労災保険

月刊一人親方 第8版 (2016-03-10)

<今月の災害情報>

工具入れのカッターナイフで指先を切った。
(職 種)電気工事業
(事故の概要)工具入れに両手を入れて中身を整理中に刃が出ていたカッターナイフに指先が接触し負傷したもの。
(負傷部位)左手示指
(休業日数)なし
(不安全行動)カッターナイフの刃を出したまま工具入れに入れたこと。
(再発防止)工具入れにカッターナイフを入れるときは、必ず刃先をカッターナイフのボディにしまうようにする。

 工具は、常に整理整頓をしておくとよいですね。
今月も「ご安全に!」


<おすすめプラン>

 更新のお知らせが来たけど、高くて払えない方。
現場で「労災保険の加入が必要」と言われて、年単位だと何万円もしてすぐには払えないという方。
安い保険料で「必要なときに必要な期間だけ」加入したい!
 そんな方におすすめのプランが「短期」プラン。
 加入期間を「1ヶ月コース」「2ヶ月コース」「3ヶ月コース」から自由に選べるプランです。
労災保険が不要な期間に保険料を支払う必要がございません。

 仕事がある期間だけ労災保険に安く入れます。
 加入期間が経過しても、何度でも再加入ができますのでご安心ください。

 さらにお急ぎの方には大人気の「超早サービス」をご案内。
 13時までにお申込み、運転免許証などの証明書、ご入金の確認がとれましたら、
その日の17時30分までに加入者証発行を発行させていただきます。
 労災保険番号等の加入内容をいち早くメールでお知らせいたしますので、どこよりも早くご加入いただけます。

 下請けの一人親方を数名かかえている方、加入手続きが大変とお困りの方には、
 「とりまとめ」プランもございます。
 複数の一人親方様のお申込み、保険料等のお支払い、加入者証の受領を代表者様が一括して行えます。
 もちろんこちらも「超早×短期サービス」をご利用いただけます。
 ぜひご利用ください。


<今月のオススメ>

 「ナンクルナイサー(何とかなるさ)」(笑)。今月は沖縄県を紹介させていただきます。
 沖縄と言えば、本島と離島に分かれています。沖縄の日常生活で驚いたことを少し書かせていただきます。
 まず、沖縄の飲酒運転取り締まりは朝行われる? これは本当のようです。理由は、朝方まで深酒する方が多く、仮眠後に自家用車で出勤すると飲酒運転検問に遭い、昨晩(朝方)のアルコールが残っているため飲酒運転で捕まってしまうとのこと。沖縄の方は本当にお酒が好きな方が多いようです。
 次に、湯船に浸かる習慣がない。那覇市内の少し古い住居(マンションを含みます。)は、バスタブがついていない部屋がほとんどとのこと。理由は諸説あるようですが、お風呂に入らずシャワーだけで済ませる沖縄特有の文化があるようです。
 といっても、最近できたマンションなどはしっかりバスタブが付いているのでご安心ください。
 最後に、沖縄でもダウンは売れている? 本当です。特に今年は寒かったらしく、ダウンにネックゲイターという出で立ちの方を多く見かけました。沖縄の人は寒さに弱いとのことで、少しの寒さでも厚着をしてしまうそうです。
 沖縄にいると時間に追われていることを忘れてしまいそうになりますが、本土と同じ時間が流れているので、それに慣れてしまうと本土でのビジネスに支障を来たしてしまう可能性があります。ビズネスでは「ナンクルナイサー(何とかなるさ)」は通用しないですから(笑)。