現在、証明書の発行までに大変お時間がかかっています
ハローワークは、毎年4月、5月の期間は1年の中で一番混雑します。
お急ぎの方は、すぐにお申込みください。
手続きを依頼する
資料請求はこちら
資料請求はこちら
お急ぎの人は 0120-855-865

実は…
雇用保険は自分でやると
とっても大変!

  • 用意する書類が多い
  • 書く書類が多い
  • 何度もハローワークに足を運ばないといけない

雇用保険の手続きは面倒で難しい!!

けど、そこで諦めないで!!

RJCなら実績多数のプロがいます!

おすすめ

女性スタッフが丁寧に対応

おすすめ

全国対応可能

おすすめ

多数の実績あり

お急ぎの人は 0120-855-865

役に立つ 雇用保険関連情報

雇用保険とは

労働者を一人でも雇っていれば、雇用保険の加入手続が必要です。
雇用保険に加入すると、雇用保険被保険者番号が発行されます。現場で必要なのはこの番号です。
雇用保険は、労働者が失業して所得がなくなった時に、生活の安定や再就職を応援するために失業給付などを支給する保険です。

二元適用事業とは

建設業は、労災保険と雇用保険の適用の仕方を区別する必要があるため、保険料の申告・納付等をそれぞれ分けて、二元的に行う事業です。
一般には、農林漁業・建設業等が二元適用事業で、それ以外の事業が一元適用事業です。

建設業の労災保険とは

建設業の労災保険は、一般的な労災保険とは異なります。
工事の元請業者が現場ごとに加入する労災保険で、その元請業者の労働者はもちろん、下請業者の労働者の労働災害についても補償します。

従業員が現場に入るには

元請業者の現場に入るには雇用保険被保険者番号が必要です。
雇用保険に入っていないと現場に入れないのはもちろん、業務や通勤中の怪我に対して労災保険の給付を受けることができません。

従業員が現場に入るには「労災・雇用保険」が必要です!

女性スタッフが丁寧に対応、まずはお電話ください!

お急ぎの人は 0120-855-865

資料請求フォーム

下記で当てはまるものはすべてチェックしてください

※ 手続きは社会保険労務士事務所トータルマネジメントが行います

totop