中小事業主が知っておくべき雇用保険 加入条件や必要な手続きは?

 

従業員を雇ったら、雇用主は雇用保険に加入しなければなりません。
この記事では、雇用保険の加入条件や必要な手続きについて、中小事業主が知っておくべき基礎知識についてわかりやすく解説します。

1.雇用保険ってなに?

雇用保険とは、主に労働者が失業した場合に、生活と雇用の安定と就職の促進のため、一定の給付を受けられるようにする公的な保険制度です。

事業の規模に関係なく、一定の条件を満たした労働者を雇っている場合には、雇用保険に加入する義務があります。

「一定の条件」とは、

・週の所定労働時間が20時間以上で、なおかつ雇用見込日数が31日以上

を言います。

たとえば、8時から17時までの労働時間、休憩1時間の人を雇ったとします。
その人が週に3日以上仕事をすると、1週間で24時間働くことになります。
あらかじめ「4月だけ」という契約にしていた場合は、4月は30日しかありませんので、週24時間働いていたとしても雇用保険に加入する必要はありません。

一方、4月1日からの契約で、終わりの時期を決めていない場合は、雇用保険に加入しなければなりません。

2.雇用保険にはいつ加入するの?

雇用保険に加入させなければならない人を雇ったとき、いつ、どんな手続きをすれば良いのでしょうか?

雇用保険の加入手続きは、会社の所在地を管轄するハローワークに出向いて行うことができます。
手続きには、労働者名簿、出勤簿などが必要です。
地域によって必要な書類が違う場合がありますので、必ず事前に問い合わせておきましょう。

準備を整えたら、さあハローワークへ!と行きたいところですね。
でも、ちょっと待ってください。
実は、人を雇っても、すぐに雇用保険に加入させる必要はありません。

雇用保険の加入手続きは、雇用した日の「翌月10日まで」に雇用保険資格取得届という書類をハローワークへ提出します。つまり、雇ってから1ヶ月以上の猶予期間があるのです。

雇った人が長く働いてくれることが社長の希望ですね。
ただ、なかなかうまくいかないこともあるようです。
長く働いてほしいと思っていても、突然仕事に来なくなったり、連絡が取れなくなったりすることもあり、社長の悩みは尽きません。

何度か失敗を繰り返すと、「本当にこの人を雇っても大丈夫か?」「すぐに来なくなるのでは?」と不安に感じてしまいます。
雇用保険の加入手続きは必要な書類をあれこれとそろえ、忙しい合間を縫ってハローワークに出向かなくてはなりません。はっきり言って面倒です。
せっかく面倒な手続きをすぐにしたのに「3日で辞めてしまった」なんてことが続くと嫌になってしまいますよね。

1ヶ月は人を見極めるのに十分な時間とは言えません。
ただ、一つ言えるのは、そんなに焦って手続きをする必要はないということです。

【!】会社として初めて雇用保険に加入する場合は、雇った日から10日以内の届出が必要ですので注意してください。

3.すぐに雇用保険に加入しなければならないときって?

先ほど説明した通り、人を雇ってもすぐに雇用保険の加入手続きをする必要はありません。
ただし、そんなにのんびりもしていられない場合があります。

それは、建設業の中小事業主が現場で「雇用保険被保険者証」の提出を求められたときです。

建設業では、現場入場の際、下請業者に対し、労災保険の加入証明書の提出を必須としています。
建設業の社長であれば、一人親方労災保険や中小事業主の特別加入(特別労災)の加入者証の提出が必要です。
現場によってコピーでも良い場合、原本提示が必要な場合があるようです。
最近ではカード型の加入者証では認められず、一人親方組合や労働保険事務組合が発行する「加入証明書」が必須となっている現場もあります。

現場に入場するのが従業員の場合、現場の労災保険を使うことになります。
社長のように一人親方や中小事業主として労災保険に個別に加入するわけではなく、このような加入者証や加入証明書はありません。

ただ、従業員であることを証明する必要がありますので、そういうときに必要となるのが「雇用保険被保険者証」ということです。
現場ですぐに提出が必要なときは、急いで加入手続きをしてください。

4.手続きする暇がない! そんなときは?

建設現場に自分も一緒に入って働く社長は「忙しくてハローワークになんて行っていられない」という方も多いと思います。
また、書類ごとがどうしても苦手で誰かに頼みたいという方もたくさんいらっしゃいます。

そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

労働保険事務組合RJCでは、中小事業主の特別加入(特別労災)にご加入いただいた社長限定で、雇用保険加入手続きの委託を受け付けています。
雇用保険で困ったら、まずはお電話ください。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?
雇用保険の加入条件や必要な手続きについて、ご理解いただけましたか?
雇用保険加入には、手続き期限が決まっています。
期限を過ぎてさかのぼって手続きしようとすると必要な書類が増え、非常に大変になります。
手続きにもれがないように、自社で手続きの流れを決めておくと良いかもしれません。
わからないことがあればすぐに相談できる相手を見つけておくのも必要ですね。

かんたん申込み 無料見積

スマホからもOK!カード払いがおすすめ!

カード払いがおすすめ かんたん申込み まずは保険料をチェック 無料見積
totop