中小事業主の特別加入(特別労災) 申請書は必要?書き方から簡単な手続き方法を紹介!

 

中小事業主が労災保険に特別加入(特別労災)する際、何が必要なのでしょうか?
この記事では、中小事業主の特別加入(特別労災)に必要な申請書やその書き方、申請書以外の簡単な手続き方法をわかりやすくご紹介します。
「中小事業主の特別加入(特別労災)が必要だけど、何をしたらいいのかわからない」とお悩みの方はぜひ参考にしてください。

1.中小事業主の特別加入(特別労災) 申請書って?

厚生労働省が発行する「特別加入(特別労災)のしおり(中小事業主用)」には、中小事業主等が特別加入(特別労災)するためには、次の2つの要件を満たすことが必要だと記載されています。

・雇用する労働者について保険関係が成立していること
・労働保険の事務処理を労働保険事務組合に委託していること

その上で、「特別加入(特別労災)申請書(中小事業主用)」を所轄の労働基準監督署長を経由して所轄の都道府県労働局長へ提出しなければなりません。

ただし、実際に中小事業主本人がこの「特別加入(特別労災)申請書(中小事業主用)」を記載するわけではありません。
中小事業主の特別加入(特別労災)は、加入している労働保険事務組合を通して提出することになっています。
「中小事業主の特別加入(特別労災)をしたい」と思ったら、まず加入できる労働保険事務組合を探すことからスタートです。

2.労働保険事務組合って?

労働保険事務組合は、中小事業主等の委託を受け、労働保険事務を行う都道府県労働局長の認可を受けた組合です。

商工会議所などに併設されている組合や事業協同組合、社会保険労務士事務所が母体となって運営している組合などがあります。

労働保険事務組合の主な仕事は、
・労働保険料の申告と納付
・保険関係成立届、雇用保険の事務所設置届の提出等
・労災保険の特別加入(特別労災)の申請
・雇用保険の被保険者に関する届出
に関する事務です。

労働保険(労災保険と雇用保険)の成立手続きや保険料の申告、納付の手続き、その他雇用保険の加入手続きなどは、中小事業主にとってわずらわしく負担となっていることが多くあります。
そこで、労働保険事務組合として認可を受けた組合に委託することによって、この負担を軽くしようという目的があります。

3.労働保険事務組合に加入するには?

加入したい労働保険事務組合を見つけたら、まず問い合わせをしてみましょう。
事前にホームページなどで手続き方法について確認しておくことをおすすめします。

【!】労働基準監督署へ行くと、会社を管轄する地域の労働保険事務組合名簿をもらえることもあります。
令和2年の法改正により、労働保険事務組合の地域要件が撤廃され、地域を限定することなく事務委託できるようになりました。
ただ、実際に全国展開している労働保険事務組合はほとんどありません。

名簿をもとに検索してみると、ホームページを持っていない労働保険事務組合が結構あることに気づくと思います。
地域の労働保険事務組合は昔ながらの加入方法をとっている場合もあり、新しく中小事業主の特別加入(特別労災)をしたい社長にとっては敷居が高い存在です。

昔ながらの加入方法というのは、加入に紹介者が必要ということです。

多くの労働保険事務組合では、紹介者がいない場合、加入自体を断っているようです。
これは、労働保険事務組合が国に代わって労働保険料の徴収と納付の義務を負っているためです。
加入はしたけれど、労働保険料を払わない、滞納が続くような事業主は最初から加入してもらっては困ります。
そのようなことを防ぐため、紹介者のいない加入は断っているのです。
はじめて加入する事業主は信用がないということですね。

まとめると、こんな感じです。

・中小事業主の特別加入(特別労災)をするには、労働保険事務組合への加入が必要!
・紹介者あり→労働保険事務組合に加入できる!
・紹介者なし→労働保険事務組合に加入できない!(じゃどうすればいいの?)

紹介者は、自分が紹介した会社が労働保険料を滞納した場合、労働保険事務組合から責任を追及されることになります。
付き合いのある信用のおける相手でなければ紹介する気にはならないでしょう。

4.紹介不要で加入できる労働保険事務組合はないの?

中小事業主の特別加入(特別労災)に加入したいけれど、紹介者が見つからない場合はどうすれば良いのでしょうか?

実は、利便性を重視し、紹介者を求めない労働保険事務組合もあります。
労働保険事務組合RJCもそのような労働保険事務組合の一つです。

労働保険事務組合RJCは、ホームページから必要な費用の見積もりができ、そのままオンラインで加入申込みができる全国で唯一の労働保険事務組合です。

雇用保険を自社で手続きしている場合、特別加入(特別労災)だけの加入も可能です。
ネットで加入するのは不安な方はまずはお電話ください。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?
中小事業主が労災保険に特別加入(特別労災)する際、必要なものはわかりましたか?
労働保険事務組合によって申込み方法は異なります。
オンラインで申込みできる組合や来所の受付のみの組合、紙の申込書を郵送する組合など様々です。
また、その前に加入できる組合なのかどうかを確認しなければなりません。
この記事をぜひ参考にしてみてください。

かんたん申込み 無料見積

スマホからもOK!カード払いがおすすめ!

カード払いがおすすめ かんたん申込み まずは保険料をチェック 無料見積
totop