一人親方の下請けは何次まで?知っておきたい下請け構造

この記事はこんな方におすすめです

  • 元請けから仕事受注している一人親方
  • 下請けを使っている一人親方
  • 下請けは何次までいいのか知りたい一人親方

安い×早い No.1! 保険に悩んでいる人は顧客満足度98.2%のRJCがおすすめ

一人親方にとって、労災保険の加入は悩ましい問題です。

「費用は安いのがいい」
「会員カードがとにかく早く必要だ」
「申込みをかんたんに済ませたい」

一人親方様の悩みを解決するのが、全国延べ5万人が加入しているRJCの労災保険です。
一人親方労災保険で迷ったらとりあえず、RJCに申込み。クレジットカード払いなら、15分で会員カード発行もできるので、これを機会に加入を検討してみてください。

 

一人親方労災保険RJCで見積り

 

1、下請けについて

下請けとは、ある会社が引き受けた仕事の全部もしくは一部を、さらに引き受けて行うことです。
仕事の一部を行う企業を「下請け業者(会社)」もしくは「下請け」と呼んでいます。
元請けは発注者と受注契約をしますが、下請けは元請と契約します。

2、下請けは何次まで可能か

日本建設業連合会は2009年「下請けは原則3次以内」という基本方針を出しています。
さらに、2014年には4年後の平成30年までに可能な範囲で2以内を目指すという方針もだしています。
なぜダメなのか?それは元請けの管理が行き届かないからです。
元請は品質や安全管理において工事全体の責任を担っています。
ですが、下請けが何層もあればあるほどその管理が行き届かなくなります。
下請けは同じ会社ではないので、コンプライアンスや考え方の違いによる掛け違いなどで現場の統制をとるのが難しく、工事の質や安全管理に問題が起きてくる為です。

3、まとめ

いかがでしたでしょうか?
「重層下請け構造」という言葉が昔からありますが、たくさんの問題点があり改善が求められてきました。
これを機に、「下請け」という定義を今一度見つめ直し、建設業現場の環境設備、技能労働者の処遇改善、育成、定着が推進される業界を作っていきましょう。

安い×早い No.1! 保険に悩んでいる人は顧客満足度98.2%のRJCがおすすめ

一人親方にとって、労災保険の加入は悩ましい問題です。

「費用は安いのがいい」
「会員カードがとにかく早く必要だ」
「申込みをかんたんに済ませたい」

一人親方様の悩みを解決するのが、全国延べ5万人が加入しているRJCの労災保険です。
一人親方労災保険で迷ったらとりあえず、RJCに申込み。クレジットカード払いなら、15分で会員カード発行もできるので、これを機会に加入を検討してみてください。

 

一人親方労災保険RJCで見積り

 
監修者の紹介

林満

RJCグループ アドバイザー

林 満

はやし みつる

1971年に労働省(現厚生労働省)愛知労働基準局に入局。その後、労働基準監督署にて労災補償および適用業務の実務を担当。2002年に愛知労働局労災補償課 職業病認定調査官、2011年に同局労災補償課 調整官などを歴任。2022年の退職に至るまで、50年以上にわたり労災保険の実務に携わってきた労災保険業務に関するエキスパート。
現在は、RJCグループアドバイザーや大手ゼネコン竹中工務店名古屋支店 労災業務を担当しながら、労災保険特別加入制度の普及や災害防止活動に取り組んでいる。
   
error: Content is protected !!