業種は何を選べばいいの? 内装・塗装など、いろいろやっているときは?

この記事はこんな方におすすめです
  • これから新しく一人親方労災保険に加入検討している人
  • 一つの工事種別に絞れず迷っている一人親方さん
  • いくつも従事している一人親方さん

安い×早い No.1! 保険に悩んでいる人は顧客満足度98.2%のRJCがおすすめ

一人親方にとって、労災保険の加入は悩ましい問題です。

「費用は安いのがいい」
「会員カードがとにかく早く必要だ」
「申込みをかんたんに済ませたい」

一人親方様の悩みを解決するのが、全国延べ5万人が加入しているRJCの労災保険です。
一人親方労災保険で迷ったらとりあえず、RJCに申込み。クレジットカード払いなら、15分で会員カード発行もできるので、これを機会に加入を検討してみてください。

 

一人親方労災保険RJCで見積り

1.業種について

まず、一人親方労災保険に加入するときは、建設業を含む13の業種から1つを選びます。

建設業の中でも色々な仕事内容があり、工事種別は29種類にもなります。

それぞれ必要なスキルや許可、作業内容、市場規模などがまったく異なります。

どちらの作業が得意なのか、どちらの作業に興味があるのか、将来的にどのような事業を展開しようと考えているのかなど、ご自身がどう考えているかによって選択する業種も変わってきます。

また、経験豊富な業者に相談してみるのも一つの方法となるかと思います。

2.業種は何を選べばいい?

一人親方労災保険に加入する際、例えば内装工事も塗装工事も従事しているよ、という一人親方さんもいるかと思います。

その場合、業種選びに悩まれることはないでしょうか。

一人親方の労災保険に加入する際の業種選択のポイントとしては、過去1年間の仕事内容を振り返ったとき、自分が主に従事している業種は何か、最も時間をかけていた業種は何かを思い出してみてください。

その思い浮かんだ業種を加入時に選択するのがポイントとなります。

もし、それでも一つに絞れず、複数の業種に該当する場合は収入が最も多い業種を選択するのも一つの選択肢だと思います。

3.まとめ

一人親方労災保険に加入するときに、色々な作業を従事しているために、業種の選択を迷っている一人親方さんに少しでも参考になれば幸いです。

建設業は、体力や技術が必要とされる仕事です。

これから一人親方として独立予定のある方は、ご自身にあった工事種別を選択してください。

安い×早い No.1! 保険に悩んでいる人は顧客満足度98.2%のRJCがおすすめ

一人親方にとって、労災保険の加入は悩ましい問題です。

「費用は安いのがいい」
「会員カードがとにかく早く必要だ」
「申込みをかんたんに済ませたい」

一人親方様の悩みを解決するのが、全国延べ5万人が加入しているRJCの労災保険です。
一人親方労災保険で迷ったらとりあえず、RJCに申込み。クレジットカード払いなら、15分で会員カード発行もできるので、これを機会に加入を検討してみてください。

 

一人親方労災保険RJCで見積り

 
監修者の紹介

林満

RJCグループ アドバイザー

林 満

はやし みつる

1971年に労働省(現厚生労働省)愛知労働基準局に入局。その後、労働基準監督署にて労災補償および適用業務の実務を担当。2002年に愛知労働局労災補償課 職業病認定調査官、2011年に同局労災補償課 調整官などを歴任。2022年の退職に至るまで、50年以上にわたり労災保険の実務に携わってきた労災保険業務に関するエキスパート。
現在は、RJCグループアドバイザーや大手ゼネコン竹中工務店名古屋支店 労災業務を担当しながら、労災保険特別加入制度の普及や災害防止活動に取り組んでいる。
   
error: Content is protected !!