一人親方労災保険RJC 埼玉県

埼玉県

2023年4月1日時点

こちらは、⼀⼈親⽅労災保険RJCでご加⼊中の埼玉県の⽅の分布です。
埼玉県各地の⼀⼈親⽅様にご加⼊いただいております。ご加⼊いただいている市町村は下記のとおり、埼玉県の地元の⽅に多く選ばれています。

さいたま市 ふじみ野市 羽生市
越谷市 桶川市 加須市
吉川市 久喜市 狭山市
熊谷市 戸田市 幸手市
行田市 鴻巣市 坂戸市
三郷市 志木市 児玉郡
春日部市 所沢市 上尾市
新座市 深谷市 川越市
川口市 草加市 秩父市
朝霞市 鶴ヶ島市 東松山市
南埼玉郡 日高市 入間郡
入間市 白岡市 八潮市
飯能市 比企郡 富士見市
北葛飾 北足立郡 北本市
本庄市 蓮田市 和光市
蕨市    

埼玉県で多い工事種別は?

一人親方労災保険RJCにご加入いただいている埼玉県の方で一番多い職種は、とび・土工工事です。2番目に内装工事、3番目に電気工事です。

埼玉県でとび・土工工事が多い理由として、道路工事、鉄道工事、上下水道工事、建築工事が多いことがあげられます。

埼玉県は、人口が増加していることや、都市化が進んでいることから、とび・土工工事の需要は今後も高まっていくと考えられます。

埼玉県では、住宅の新築・リフォームの需要が高いです。そのため内装工事や電気工事も盛んに行われています。

近年は、オフィスや店舗の移転・改装の需要も増加傾向にあります。

内装工事では、壁紙や床材の張替え、間仕切りや建具の設置などがあります。

電気工事では、照明器具の設置やコンセントの増設、太陽光発電設備の設置などがあります。

埼玉県はこんなところ!

埼玉県は、東京都に隣接する県です。埼玉県の気候は、東京と似た温暖な気候です。

夏は暑く、冬は寒いです。年間を通して、雨が多いのが特徴です。

東京都のベッドタウンとして発展していますが、自然豊かな観光スポットもたくさんあります。

埼玉県には、「富士山」の一部である「秩父三峰神社」や、「川越氷川神社」などの歴史的な観光スポットがあります。

また、「浦和美園」「横瀬町」などの自然豊かな観光スポットもあります。

埼玉県のグルメといえば、「川越まんじゅう」「深谷ねぎ」があります。

秩父地方には、山菜や川魚を使った郷土料理もあります。

埼玉県は、自然と歴史が融合した魅力的な場所です。

 

埼玉県のゼネコンから選ばれています!

⼀⼈親⽅労災保険RJCは、埼玉県のゼネコンが選ぶNo.1の⼀⼈親⽅団体です。

埼玉県には約2万6千社の建設会社があります。

埼玉県の建設会社は、住宅やビルの新築・改装、水道やガスの管工事など、さまざまな工事を行っています。

埼玉県内の建設会社は、新技術や新工法を導入した工事を受注する例が増えています。

その背景には、建設業界の競争激化や省エネ、環境への配慮があります。

埼玉県内の建設会社は、新技術や新工法の導入を積極的に進めることで、競争力強化や社会課題の解決に貢献しています。

埼玉県は人口増加や、インフラの老朽化などの需要を背景に、建設業のさらなる発展が期待されています。

 

埼玉県では年度加入が選ばれています

埼玉県のご加⼊者様には、圧倒的に年度加⼊が選ばれています。年度加⼊は、1回の⽀払いで年度末まで加⼊ができます。

「有効期限が切れていた」「継続するのを忘れていた」という⼼配がありません。

年度末には、継続のご案内をお送りしています。

ご案内にそって進めるだけなので、継続も簡単にできます。

また、年度加⼊の⽅には、⼝座振替のご案内をしています。

⼝座振替のご登録をいただくことで、年度末の継続も⾃動更新ができます。

「継続の案内を見落としていて、継続できなかった!」ということを防ぐことができます。

毎回、「申込みして継続するのがめんどくさい」という⽅に年度加⼊は選ばれています。

現場で、「3⽉31⽇までの有効期限の会員カードが必要」というお声もあります。

3⽉31⽇までの有効期限の会員カードが必要な⽅は、年度加⼊をお選びください。

 

埼玉県の加入者様からのうれしい声

一人親方になって、労災保険入りたい。
知り合いに教えてもらって、電話した。
インターネット使えなかったけど、FAXでできた。

親方に言われて、紹介もしてもらえた。
友達紹介で割引があった。
インターネットで簡単に申込めた。

やっぱり地域密着が一番!
今後とも一人親方労災保険RJCをよろしくお願いします。
お仕事頑張ってな!

 
監修者の紹介

林満

RJCグループ アドバイザー

林 満

はやし みつる

1971年に労働省(現厚生労働省)愛知労働基準局に入局。その後、労働基準監督署にて労災補償および適用業務の実務を担当。2002年に愛知労働局労災補償課 職業病認定調査官、2011年に同局労災補償課 調整官などを歴任。2022年の退職に至るまで、50年以上にわたり労災保険の実務に携わってきた労災保険業務に関するエキスパート。
現在は、RJCグループアドバイザーや大手ゼネコン竹中工務店名古屋支店 労災業務を担当しながら、労災保険特別加入制度の普及や災害防止活動に取り組んでいる。
   
error: Content is protected !!