一人親方労災保険RJC 神奈川県

神奈川県

2023年4月1日時点

こちらは、⼀⼈親⽅労災保険RJCでご加⼊中の神奈川県の⽅の分布です。
神奈川県各地の⼀⼈親⽅様にご加⼊いただいております。ご加⼊いただいている市町村は下記のとおり、神奈川県の地元の⽅に多く選ばれています。

横浜市 愛甲郡 綾瀬市
伊勢原市 横須賀市 海老名市
鎌倉市 茅ヶ崎市 厚木市
高座郡 座間市 三浦郡
三浦市 小田原市 秦野市
逗子市 川崎市 相模原市
足柄下郡 大和市 中郡
藤沢市 南足柄市 平塚市

神奈川県で多い工事種別は?

一人親方労災保険RJCにご加入いただいている神奈川県の方で一番多い職種は、内装工事です。2番目に電気工事、3番目にとび・土工工事です。

神奈川県では、人口増加による新築・リフォーム需要やオフィスや店舗などの需要によって、内装工事が多いと考えられます。

近年、建築技術の進歩により、内装工事の選択肢が広がっています。

壁紙やフローリングなどの素材だけでなく、間接照明や照明器具などの演出も充実しており、さまざまな空間を創り出すことができます。

ほかにも、住宅設備の多様化が進んでおり、電気工事の複雑化が進んでいます。

エアコンや照明器具などの電気設備が増えるとともに、太陽光発電や蓄電池などの新エネルギー設備の導入も増えています。

それに伴い電気工事の需要も高まっています。

神奈川県はこんなところ!

神奈川県は、東京都の南に位置する県です。気候は、温暖で雨が多い地域です。

都心から近く、海や山、川などの自然が豊かで、歴史的・文化的な観光スポットもあります。

海で有名なものといえば「江ノ島」「鎌倉」「逗子」があります。「江の島」は藤沢市にある小島です。都心から電車で約1時間で行くことができます。

江の島は、海水浴やサーフィンなどのマリンアクティビティ、江島神社などのパワースポット、シーキャンドルなどの観光スポットなど、さまざまな楽しみ方ができます。

「鎌倉」は、神奈川県鎌倉市にある街です。都心から電車で約1時間で行くことができます。

鎌倉は、12世紀に源頼朝が鎌倉幕府を開いた街として栄え、多くの歴史的・文化的な遺産があります。

神奈川県には、海の幸や山の幸など、さまざまなおいしい食べ物があります。

新鮮な海の幸が豊富に水揚げされるため、海鮮丼を楽しむこともできます。

春になると、色々な種類の山菜が採れます。

天ぷらにすると、サクサクとした食感と山菜の風味が楽しめます。

また、横浜中華街は、日本最大の中華街です。中華料理を堪能することができます。

 

神奈川県のゼネコンから選ばれています!

⼀⼈親⽅労災保険RJCは、神奈川県のゼネコンが選ぶNo.1の⼀⼈親⽅団体です。

神奈川県には約2万5千社の建設会社があります。

神奈川県の建設会社数は、全国で第5位となっています。これは、東京都のベッドタウンとして人口増加が続いており、新築やリフォームの需要が高いためです。

また、横浜や川崎などの大都市があり、オフィスや店舗などの需要が高いことも、建設会社数の多さにつながっています。

横浜市は、2023年3月に「横浜建設再生計画」を策定しました。この計画では、建設業が抱える課題の解決と、持続可能な建設業の実現を目指しています。

具体的には、建設業従事者の人材育成や、建設業のデジタル化の推進などを盛り込んでいます。

神奈川県では、建設業に関するイベントやセミナーが頻繁に開催されています。

これらのイベントやセミナーは、建設業に関する最新情報や技術を学ぶことができる機会となっています。

神奈川県の建設会社は、今後も人口増加や災害対策などの要因により、需要が高まっていくと考えられます。

 

神奈川県では年度加入が選ばれています

神奈川県のご加⼊者様には、圧倒的に年度加⼊が選ばれています。年度加⼊は、1回の⽀払いで年度末まで加⼊ができます。

「有効期限が切れていた」「継続するのを忘れていた」という⼼配がありません。

年度末には、継続のご案内をお送りしています。ご案内の通りに進めるだけなので、継続も簡単にできます。

また、年度加⼊の⽅には、⼝座振替のご案内をしています。

⼝座振替のご登録をいただくことで、年度末の継続も⾃動更新ができます。「継続するのを忘れていた!継続できてない!」ということを防ぐことができます。

毎回、「継続の手続きをするのがめんどくさい」という⽅に年度加⼊は選ばれています。

現場で、「3⽉31⽇までの有効期限の会員カードが必要」というお声もあります。

3⽉31⽇までの有効期限の会員カードが必要な⽅は、年度加⼊をお選びください。

 

神奈川県の加入者様からのうれしい声

加入したいと思ってホームページ見てたんやけど、
無料見積もりからやったら、
金額出てきてそのまま簡単に申込めた。

うまく支払いできんかったんやけど
決済画面をメールしてもらって、加入できた。
すぐ対応してくれて助かった。

やっぱり地域密着が一番!
今後とも一人親方労災保険RJCをよろしくお願いします。
お仕事、頑張っちゃあね!

 
監修者の紹介

林満

RJCグループ アドバイザー

林 満

はやし みつる

1971年に労働省(現厚生労働省)愛知労働基準局に入局。その後、労働基準監督署にて労災補償および適用業務の実務を担当。2002年に愛知労働局労災補償課 職業病認定調査官、2011年に同局労災補償課 調整官などを歴任。2022年の退職に至るまで、50年以上にわたり労災保険の実務に携わってきた労災保険業務に関するエキスパート。
現在は、RJCグループアドバイザーや大手ゼネコン竹中工務店名古屋支店 労災業務を担当しながら、労災保険特別加入制度の普及や災害防止活動に取り組んでいる。
   
error: Content is protected !!