一人親方労災保険RJC 福島県

福島県

2023年4月1日時点

こちらは、⼀⼈親⽅労災保険RJCでご加⼊中の福島県の⽅の分布です。
福島県各地の⼀⼈親⽅様にご加⼊いただいております。ご加⼊いただいている市町村は下記のとおり、福島県の地元の⽅に多く選ばれています。

いわき市 安達郡 伊達郡
河沼郡 会津若松市 岩瀬郡
喜多方市 郡山市 須賀川市
西白河郡 石川郡 双葉郡
相馬郡 大沼郡 田村郡
田村市 東白川郡 南会津郡
南相馬市 二本松市 白河市
福島市 耶麻郡  

福島県で多い工事種別は?

一人親方労災保険RJCにご加入いただいている福島県の方で一番多い職種は、とび・土工工事です。2番目に電気工事、3番目に大工工事です。

福島県は、会津地方の山岳地帯、中通りの平野部、浜通りの海岸部と、地形が複雑な地域です。

道路や橋梁などのインフラ整備や、宅地造成などの開発工事において、とび・土工工事が必要となります。

福島県は、地震や津波などの自然災害が多い地域です。地震の発生件数は、日本で一番多くなっています。

災害復旧工事においても、とび・土工工事が多く行われています。

また、福島県は、製造業や農業などの基幹産業が盛んな地域です。

工場や農業用施設などの建設工事においても、とび・土工工事が必要となるケースが多いです。

具体的には、下記の工事があります。

・道路や橋梁の建設・改修工事

・宅地造成工事

・災害復旧工事

・工場や農業用施設の建設工事

福島第一原子力発電所事故で福島県の経済活動に大きな影響がありましたが、

近年は復興が進み、とび・土工工事も徐々に回復傾向にあります。

福島県はこんなところ!

福島県は、日本の東北地方にある県です。日本で3番目にでかい面積を持っています。

福島県の観光スポットとして春に行きたいところが「三春滝桜」です。

樹齢1000年以上と推定されている国指定天然記念物のベニシダレザクラです。日本三大桜のひとつにも数えられています。

夏には「郡山布引風の高原」が観光スポットとしておすすめです。

日本最大級の風力発電所である33基もの巨大風車の下、夏にはヒマワリが咲き誇ります。高原の頂上からは、猪苗代湖と磐梯山を一望できます。

他にも、観光スポットとして有名なのが「大内宿」です。江戸時代の街並みを今も残している宿場。

30軒以上のかやぶき屋根の民家が並んでおり、冬には雪まつりが楽しめます。

福島県では、観光スポット以外にも美味しい食べ物も豊富にあります。

コクのあるスープと太いちぢれ麺が特徴の「喜多方ラーメン」、ホタテの貝柱でだしをとり、具沢山のお吸い物の「こづゆ」、正月に欠かせない料理として親しまれている「いかにんじん」などがあります。

 

福島県のゼネコンから選ばれています!

⼀⼈親⽅労災保険RJCは、福島県のゼネコンが選ぶNo.1の⼀⼈親⽅団体です。

福島県には約4500社の建設会社があります。

福島第一原子力発電所事故の件で、福島県の建設業界は大きな影響を受けました。

近年では、帰還困難区域の除染作業や、帰還準備区域の復興工事などが進められています。

これらの工事には、多くの建設会社が携わっており、建設業の需要は回復傾向にあります。

福島県では新技術を活用した工事が増えています。

例えば、福島市では、3Dプリンターを活用して災害に強い住宅を建設する取り組みが進められています。

福島県の建設会社は、海外展開にも積極的に取り組んでいます。

海外の建設市場は、日本国内の建設市場と比較して成長率が高いため、福島県の建設会社にとって新たなビジネスチャンスとなっています。

福島県では、海外展開を支援する取り組みが進められています。

今後も、福島県の建設業はさらなる発展が期待されます。

 

福島県では年度加入が選ばれています

福島県のご加⼊者様には、年度加⼊が1番選ばれています。2番目は3か月です。

1番の年度加⼊は、1回の⽀払いで年度末まで加⼊ができます。

「期限が切れてしまった」「継続するのを忘れていた」という⼼配がありません。

年度末には、継続のご案内をお送りしています。

継続のご案内にそって⼿続きするだけなので、継続も簡単です。

また、年度加⼊の⽅には、⼝座振替の案内をしています。

⼝座振替のご登録をすると、年度末の継続も⾃動更新ができます。

「継続するのを忘れていた」ということを防ぐことができます。

面倒が少ないことからみなさんに喜ばれています。

毎回、「継続の申込みが面倒くさいな」という⽅に年度加⼊は選ばれています。

現場で、「3⽉31⽇までの有効期限の会員カードが必要」というお声もあります。

3⽉31⽇までの有効期限の会員カードが必要な⽅は、年度加⼊をお選びください。

 

福島県の加入者様からのうれしい声

代理で一人親方を加入させたい。
2か月だけでもできた。
申込みも簡単でよかった。

今月末まで期限を更新したいと思って、電話した。
毎月払いにしたら忘れずに続けられるようになった。
簡単で一回の支払いも少なく済んでよかった。

やっぱり地域密着が一番!
今後とも一人親方労災保険RJCをよろしくお願いします。
お仕事がんばってや!!!

 
監修者の紹介

林満

RJCグループ アドバイザー

林 満

はやし みつる

1971年に労働省(現厚生労働省)愛知労働基準局に入局。その後、労働基準監督署にて労災補償および適用業務の実務を担当。2002年に愛知労働局労災補償課 職業病認定調査官、2011年に同局労災補償課 調整官などを歴任。2022年の退職に至るまで、50年以上にわたり労災保険の実務に携わってきた労災保険業務に関するエキスパート。
現在は、RJCグループアドバイザーや大手ゼネコン竹中工務店名古屋支店 労災業務を担当しながら、労災保険特別加入制度の普及や災害防止活動に取り組んでいる。
   
error: Content is protected !!