一人親方労災保険RJC 福井県

福井県

2023年4月1日時点

こちらは、⼀⼈親⽅労災保険RJCでご加⼊中の福井県の⽅の分布です。
福井県各地の⼀⼈親⽅様にご加⼊いただいております。ご加⼊いただいている市町村は下記のとおり、福井県の地元の⽅に多く選ばれています。

あわら市 越前市 吉田郡
今立郡 坂井市 鯖江市
三方郡 勝山市 小浜市
大飯郡 大野市 丹生郡
敦賀市 南条郡 福井市

福井県で多い工事種別は?

一人親方労災保険RJCにご加入いただいている福井県の方で一番多い職種は、とび・土工工事です。2番目に電気工事、3番目に塗装工事です。

福井県の建設会社は、道路工事や河川工事、港湾工事、インフラ工事、住宅・商業施設の建設工事など、さまざまな工事を請け負っています。

福井県は、日本海に面した県であり、河川や山が多い地域です。

河川工事やインフラ工事など、自然災害対策に関連する工事の需要が高い傾向にあります。

福井県で一番多い工事は、道路工事です。

福井県は、北陸自動車道や東海北陸自動車道などの高速道路が通っており、交通量が多くなっています。

道路の老朽化や渋滞解消などの目的で、道路工事が頻繁に行われています。

また、福井県の道路工事のうち、最も多く実施されているのは、舗装工事です。

福井県では、道路工事によって、人々の生活がより便利で快適になるだけでなく、地域の魅力を高めることにもつながっています。

福井県はこんなところ!

福井県は、日本海に面した北陸地方の県です。冬季に日照が少なく、降水量が多い特徴があります。

福井県には、魅力的な観光スポットが多くあります。国内最大級の「福井県立恐竜博物館」

恐竜化石の宝庫として有名な福井県勝山市にあります。2023年7月にはリニューアルオープンし話題になっています。

日本海に面した広大な敷地でたくさんのアトラクションを楽しめる「芝政ワールド」も有名な観光スポットですね。

特に夏にオープンする日本最大級のスケールを誇るプールには多くの観光客が訪れます。

オートキャンプ場や屋内イルミネーションなど、年間を通して楽しめる観光スポットです。

また福井県には魅力的な食べ物もたくさんあります。

冬の味覚の王様として有名な「越前がに」やオムライスの上にカツを乗せ、その上から特製のソースをかけた「ボルガライス」などがあります。

 

福井県のゼネコンから選ばれています!

⼀⼈親⽅労災保険RJCは、福井県のゼネコンが選ぶNo.1の⼀⼈親⽅団体です。

福井県には約1,500社の建設会社があります。

福井県は日本海に面した県であり、河川や山が多い地域です。

自然が多いため、河川工事やインフラ工事など、自然災害対策に関連する工事の需要が高いです。

今福井県では、災害時の交通の寸断やインフラの老朽化などが課題になっています。

福井県では「福井県・道づくり大会」が開かれ、頻発する豪雨や大雪などで交通の寸断が相次いでいることや、老朽化に伴って、メンテナンスの必要性が増していることが挙げられました。

また福井県では、福井市に民設民営のアリーナを建設予定です。

ですが、資材高騰や人件費高騰などのため基本計画の策定が遅れているそうです。5000席ほどの規模が想定されています。

福井県都市計画マスタープラン、高速交通開通を活かす都市づくり・安全安心に住み続けられる都市づくりが進んでいます。

このプランには建設業は欠かせません。今後も福井県では建設業の需要が高くなるでしょう。

 

福井県では年度加入が選ばれています

福井県のご加⼊者様には、年度加⼊が1番選ばれています。

年度加⼊は、1回の⽀払いで年度末まで加⼊ができます。

「期限が切れてしまった」「続けておくのを忘れていた」という⼼配がありません。

年度末には、継続のご案内をお送りしています。

継続のご案内にそって⼿続きするだけなので、継続もかんたんです。また、年度加⼊の⽅には、⼝座振替の案内をしています。

⼝座振替のご登録をすると、年度末の継続も⾃動更新ができます。

「継続するのを忘れていた」ということを防ぐことができます。

面倒が少ないことからみなさんに喜ばれています。

毎回、「継続申込みするのがめんどくさい」という⽅に年度加⼊は選ばれています。

現場で、「3⽉31⽇までの有効期限の会員カードが必要」というお声もあります。

3⽉31⽇までの有効期限の会員カードが必要な⽅は、年度加⼊をお選びください。

 

福井県の加入者様からのうれしい声

見積もり簡単にできた。
番号もすぐに届いてよかった。
簡単で早くて助かった。

現場に入るために必要だった。
すぐにでも必要で焦っていた。
番号がすぐに届いて安心した。

やっぱり地域密着が一番!
今後とも一人親方労災保険RJCをよろしくお願いします。
お仕事頑張ってな!!

 
監修者の紹介

林満

RJCグループ アドバイザー

林 満

はやし みつる

1971年に労働省(現厚生労働省)愛知労働基準局に入局。その後、労働基準監督署にて労災補償および適用業務の実務を担当。2002年に愛知労働局労災補償課 職業病認定調査官、2011年に同局労災補償課 調整官などを歴任。2022年の退職に至るまで、50年以上にわたり労災保険の実務に携わってきた労災保険業務に関するエキスパート。
現在は、RJCグループアドバイザーや大手ゼネコン竹中工務店名古屋支店 労災業務を担当しながら、労災保険特別加入制度の普及や災害防止活動に取り組んでいる。
   
error: Content is protected !!