新型コロナウイルスに感染した場合の労災保険給付について(2022/8/3)


一人親方が新型コロナウイルスに感染した場合、労災保険給付の対象となりますか?

業務に起因して感染したものであると認められる場合には、労災保険給付の対象となります。
また、新型コロナウイルス感染症による症状が持続し(罹患後症状(※)があり)、療養や休業が必要と認められる場合にも、労災保険給付の対象となります。
請求の手続等については、事業場を管轄する労働基準監督署にご相談ください。

マイページで管轄の労働基準監督署の確認ができます。

現場で新型コロナウイルスに感染した場合は以下の手順でご確認ください。
1.現場名、現場所在地を確認する
2.マイページで管轄労働基準監督署の電話番号を確認する
3.管轄労働基準監督署に電話して、新型コロナウイルスに感染した状況を説明する。
4.必要な書類について確認する
5.電話で話をした監督署員の部署、名前を確認する
6.一人親方労災保険RJCに電話し、1.〜5.まで説明する。

一人親方労災保険RJCが管轄労働基準監督署に電話確認後、加入者様から書類作成のための
情報をFAX、メール、郵送、電話で聞き取りを行います。
その後、労災請求書をご本人または代理人に郵送いたします。

≪ お知らせ一覧へ ≫

一人親方労災保険とは 金額について 番号がわかるまで 組合案内 NEW! マイページを登録するメリット NEW! 毎月払い 重要! 元請建設会社さまへ 一人親方とは 加入時健康診断 特別加入できる工事業種例 振動工具一覧表 保険料月割算定基礎額表 保険給付 会員カードについて 加入可能地域 報告書類 社会保険未加入事業所対策 よくあるご質問 確定申告について お問合せフォーム リーフレット一覧 参考資料一覧 関連サイト リンク集 東日本大震災の復興作業について(除染作業) 一人親方労災保険RJCについて 労災保険指定医療機関検索(外部ページ) サイトマップ メルマガバックナンバー 月刊一人親方バックナンバー 加入申込み事例 労災事故事例 メールが届かないときは?