建設業一人親方労災保険のことは一人親方労災保険RJCへお問合わせください。給付基礎日額3500円で特別加入。

国の一人親方労災保険

労災事故が起こったら

「労災事故にあったらどうすればいいの」

労災事故にあったとき、起こしたときはすぐにお電話ください。

電話番号は、0120-931-519です。

治療を受ける病院の窓口で「労災」と言ってから、治療を受けてください。

労災保険が使える病院を労災指定病院と言います。

ほとんどの外科、整形外科は労災指定病院です。

ご注意)労災に切り替えるとき、いったん全額自己負担となってしまいますので、労災事故に労災保険以外は使用しないでください。

※ 一人親方労災保険RJCの営業時間外に被災した場合でも労災事故、通勤災害の連絡ができるよう「労災事故報告書」word版、PDF版、および「通勤災害報告書」word版、PDF版をご用意しております。

報告書類のダウンロードはこちら ≫

「一人親方労災保険RJCで確認することは」

一人親方労災保険RJCにお電話いただくと、本人確認後、以下の事柄について確認させていただきます。

  1. いつ(何時何分ごろ)
  2. どこの現場で(現場名称、現場所在地)
  3. どんな作業中に
  4. どんな不注意で
  5. どこをどうした(ケガの部位)
  6. 労災事故を見ていた人(「現認者」といいます)の職名、氏名(フルネーム)

※ご注意)必ずご本人がお電話ください。重傷の場合などご本人が電話をかけられないときは、労災事故の発生状況が分かる方がお電話ください。

その後、速やかに労災保険請求書類を作成し、ご郵送いたします。

「労災の認定は」

労災の認定は、管轄労働基準監督署が行います。

請求用紙を管轄労働基準監督署の署長に提出後、担当官が労災認定を行います。

その後、労災であると認定され、支給決定した後、労災に関する給付金がご指定の口座に振り込まれます。

一般的に、申請から支給決定までは3週間程度です。(初回の請求のみ、4週間程度かかる場合があります。)

すぐに一人親方労災保険RJCへご連絡ください。災害状況等を確認した後、プロの特定社会保険労務士が必要な書類を作成してご郵送します。