建設業一人親方労災保険のことは一人親方労災保険RJCへお問合わせください。給付基礎日額3500円で特別加入。

国の一人親方労災保険

よくあるご質問

  1. 特別加入、保険料について
  2. 給付基礎日額について
  3. 保険給付について
  4. 特定業務健康診断について
  5. 団体に関する質問

1.特別加入、保険料について

同居の家族で仕事をしています。このうち一人が加入すれば全員が補償されますか?
一人親方労災保険は個人ごとに加入していただく必要があります。同居のご家族のうち建設現場に出られる方はご加入ください。
現場の仕事は自分がやっていますが、事務員を雇っています。一人親方として加入できますか?
事務員を雇っていても現場の仕事をされるのが事業主お一人の場合は、一人親方労災保険にご加入いただくことになります。
人を雇ったら、すぐに中小事業主の労災保険に切り替えないと労災事故にあったとき補償されないと聞きましたが本当ですか?
ご安心ください。人を雇っても100日未満(3か月程度)は、一人親方労災保険で補償を受けることができます。
雇ってもすぐやめてしまうことも考えられます。すぐに一人親方の労災保険から中小事業主の労災保険に切り替えなければならないという事務のわずらわしさ等を考慮しているためです。
加入にあたり年齢制限はありますか?
ありません。
よくある例としまして、建設現場によっては高齢者の現場入場を認めていないことがあります。 一人親方労災保険に加入する前に現場監督さんなどに確認することをお勧めしています。
自宅は大阪ですが、東京のビジネスホテルやウイークリーマンションに長期滞在して仕事をしています。この場合、どちらの住所で加入すればよいでしょうか?
長期滞在であっても、加入時の住所は公的証明書で住所確認ができる住所でお申し込みください。 長期滞在先の住所でご加入された場合、労災事故の際に保険が支払われないことがあります。
費用支払い時の振込手数料はどうなりますか?
ご加入者のご負担でお支払いください。
年度更新とはどのようなものでしょうか?
労災保険は、毎年4月から翌年3月までの年度で保険料を計算しています。
長期でご加入されたご加入者様には、1月中に「年度更新のご案内」を郵送しております。
更新される方は、次年度の保険料等を指定日までにお支払いください。
コンビニの払込票を利用されると振込手数料無料でお支払いいただくことができます。
さかのぼって加入、脱退したいのですができますか?
一人親方労災保険は、さかのぼっての加入、脱退はできません。
保険料等は月単位ですから、月の半ばの現場で必要な場合は、月初めからご加入されることをお勧めしています。
労働者を常時雇用することになりました。いつ一人親方労災保険をやめればいいですか?
雇ってから100日未満は、労災事故にあっても一人親方労災保険が使えます。
一般的には、雇ってから3か月経って、中小事業主の労災保険に加入してから、一人親方労災保険をやめる手続きをしてください。そうすれば切れ間なく、労災保険に加入することができます。
年度途中で脱退する場合はどうなりますか?
長期でご加入されている加入者様が年度途中で脱退される場合は、脱退が決まったらできる限り早くお電話ください。必要書類を送付いたします。
例えば、12月に脱退された場合、翌年の1月〜3月の未使用の労災保険料をご返金させていただくことになります。
保険料以外の費用について教えてください。
保険料のほか会費が必要になります。この会費は、団体の運営に必要な経費です。
年度途中からでも加入できますか?
もちろんご加入いただけます。保険料、会費ともに月割りです。1日にご加入いただいても月末にご加入いただいても1か月として計算されますので、その月に労災保険が必要なときは1日からご加入されることをお勧めします。
自分で特別加入の手続きはできますか?
特別加入はご自分で労働基準監督署に行って手続きできません。一人親方労災保険RJCのような一人親方団体を通じて加入することが法律で決まっています。
特別加入したいのですがどうすればいいですか?
加入申込みフォームから手続きを進めてください。
平日午後1時までにお支払い完了で当日に労災保険に加入することができます。労災保険の適用は翌日です。
加入時健康診断が必要な方には、労災保険加入手続き中の証明書を発行しています。

2.給付基礎日額について

給付基礎日額とはどのようなものですか?
給付基礎日額とは、休業、障害、遺族の保険給付の額を決定するためのものです。
給付基礎日額は3,500円~25,000円までの16段階からご自身で決めていただきます。
給付基礎日額が高ければ、支払われる額も、保険料も高くなります。
給付基礎日額の決め方を教えてください。
給付基礎日額の低い、高いにかかわらず労災保険は治療費が無料です。
給付基礎日額は、年収を365日で割って1日の所得を計算して、見合った額を選ばれるとよいでしょう。
給付基礎日額による補償内容の違いを教えてください。
労災保険の保険給付は、治療費、休業、傷病、障害、遺族等となっています。
その内容と給付基礎日額1万円で計算した大まかな額が表になっていますのでご確認ください。
>>保険給付・特別支給金の種類
給付基礎日額の変更はできますか?
給付基礎日額は年度更新手続きの際に変更することができます。

3.保険給付について

日本国内の現場を飛び回っています。住所以外の都道府県でも保障されますか?
日本国内の建設工事ならどこでも、いつでも補償の対象です。
熱中症も労災申請ができますか?
熱中症も労災保険の対象です。
保険給付の対象範囲について教えてください。
建設工事、その附帯工事中の災害について補償を受けることができます。
次のような場合は、労災保険の対象となります。
  • 請負契約に直接必要な行為を行う場合
     (注)請負契約締結行為、契約前の見積り、下見等の行為を行う場合。
        なお、自宅から直接下見現場に行く場合は、自宅から下見現場までの間の事故は通勤災害です。
  • 請負工事現場における作業およびこれに直接附帯する行為を行う場合
     (注)建設業の一人親方等の労災保険は、請負契約に基づく工事についてのみ労災保険の範囲となっています。自宅の補修を行う場合、仕事がないから加工場を掃除していた場合は、労災保険の対象外です。
  • 請負契約に基づくものであることが、明らかな作業を自家内作業場において行う場合
     (注)例えば、畳屋さん、建具屋さんが、自分の作業場、加工場で汎用品を製作しているときにケガをしても労災保険の対象外です。
  • 請負工事に係る機械及び製品を運搬する作業(手工具類(のこぎり・かんな・はけ・こて)程度のものを携行して通勤する場合を除く。)およびこれに直接附帯する行為を行う場合
     (注1)請負工事に係る機械及び製品を自宅から工事現場まで運搬している際に事故にあった場合は、労災保険の対象となります。
     (注2)「直接附帯する行為」とは、生理的行為、反射的行為、準備・後始末行為、必要行為、合理的行為および緊急業務行為をいいます。
     例えば、荷の積卸作業や自動車が故障したため修理していたときにあった事故は、労災保険の対象となります。
  • 突発行為(台風、火災等)による予定外の緊急出勤途上
仕事中にケガをしたんですが、どうすればいいですか?
すぐに病院に行き、治療を受けてください。その際、仕事中のケガであることを病院に伝えてください。次に一人親方労災保険RJCにお電話ください。事故の概要をお聞きした後、必要な書類を作成し郵送させていただきます。
通勤災害について教えてください。
通勤災害は、労働者の場合と同様です。ただし、建設工事を請け負っていない場合は通勤災害とはみなされません。

4.特定業務健康診断について

特定業務とは何ですか?
特定業務とは、次の表にかかれた業務をいいます。一人親方労災保険に加入する前に、これらの業務に一定期間従事していた場合は、加入時健康診断を受けていただく必要があります。

特別加入予定者の
業務の種類

特別加入前に左記の
業務に従事した期間
(通算期間)

必要な健康診断

粉じん作業を行う業務

3年以上

じん肺健康診断

振動工具使用の業務

1年以上

振動障害健康診断

鉛業務

6か月以上

鉛中毒健康診断

有機溶剤業務

6か月以上

有機溶剤中毒健康診断

別の組合で加入していたのですが、再度健康診断を受診する必要がありますか?
特定業務に該当し、別の組合で加入時健康診断を受診している場合は、当団体に加入する際にそのことをお話しください。
労働局により取り扱いが違うこともあり、事前に労働局に確認を取る必要があります。
一般的には、年度更新の際に別の組合から一人親方労災保険RJCに加入されることが多く、その場合は切れ間なく連続していれば再度加入時健康診断を受けることなくご加入いただけます。
加入時健康診断は毎年受診しなければなりませんか?
いいえ、加入時健康診断は加入の際に一度だけ受診が必要です。
加入時健康診断の費用について教えてください。
加入時健康診断の費用は国が負担します。ただし、受診する病院が決まっていますので、そこまでの往復の交通費は自己負担です。

5.団体に関する質問

できるだけ安いところに入りたいと探しています。安い団体はどうですか?
「安かろう、悪かろう」ということわざがあります。
同じ一人親方労災保険でも会費は月額500円、月額1,000円など違っています。
たくさんある中から探すのであれば、歴史と加入者数で検討されることをお勧めします。

加入者数が多くても、ゼネコンなどの下請け会の場合、事故にあっても労災保険を使わせてくれなかったということもあります。
会費が極端に安い組合は、加入者数が少ないから加入者を集めるために会費を安くしていると考えられます。
一人親方労災保険RJCへの加入を検討しています。ほかの組合との違いを教えてください。
ありがとうございます。次の点が違います。
  1. 団体の歴史が18年と長いこと
  2. 全国の加入者数が2万人以上と多いこと
  3. 労災事故の書類は100%社会保険労務士が作成していること
月額1,000円の会費で、この歴史と加入者数は他の組合は真似できません。
そして、労災事故の書類を100%社会保険労務士が作成している組合はありません。
気をつけないといけない組合を教えてください。
以下のような組合です。
  • 団体割引をしている組合
  • 会費が月額500円の組合
  • 一人親方労災保険RJCの真似をしている組合
「一人親方」で検索すると、たくさんでてきます。
「なぜ、団体割引をしている組合は気をつけないといけないのですか?
団体割引をしている=一人だけで加入する一人親方さんが損をすることになるからです。 団体を優先して一人だけで加入している一人親方さんを大切にしない、労災事故が起こっても団体で加入した一人親方さんを優先する恐れがあります。
なぜ、会費が月額500円の組合は気をつけないといけないのですか?
一人親方労災保険RJCの月額会費は1,000円です。加入者数2万人を超えていても、月額1,000円の会費で運営するのは厳しい状況です。 月額会費500円では事業を継続することが難しく、せっかく加入しても十分な対応がされないことが考えられます。 このような組合では、加入者証の発行が遅く、加入者証の送付が加入申込みをして約1週間前後かかっているようです。
なぜ、一人親方労災保険RJCの真似ばかりする組合は気をつけないといけないのですか?
一人親方労災保険RJCは短期加入を導入しています。これをそっくり真似して入会金を1,000円だけ安くしている組合があります。 同じ内容で金額が安ければ加入者が増えると考えているのでしょう。 団体の利益を追求している表れです。これでは、加入者に対して十分な対応をしない恐れがあります。