現場での必須アイテム一人親方労災保険 取得方法も解説

 

最近は労災保険の加入者証明書が必要な建設現場・工事現場が増えています。
加入者証明書がなければ現場に入ることができない場合もあります。
そんな一人親方さんにとって必須アイテムである一人親方労災保険と何か、またどのように取得できるか、一人親方労災保険RJCでの取得方法も解説します。

1.一人親方労災保険(特別加入制度)とは何か?

建設業の一人親方労災保険の特別加入制度について説明します。

労災保険とは、会社に勤めている人が仕事中のケガや通勤途中で事故にあってしまった場合の負傷・疾病・障害・死亡等に対して保険給付を行う国の制度です。

原則、労働者ではない個人事業主は労災保険に加入することができません。
しかし労働者以外でもその業務の実態、災害の発生状況から労働者と同じ程度に保護することが必要な一定の人がいます。
その人たちの中でも、建設業に従事する一人親方さんは、特別に労災保険に任意で特別加入することを認められています。これが「特別加入制度」です。

2.なぜ一人親方労災保険に加入するのか?

建設業の一人親方さんが労災保険に特別加入する理由の多くが「一人親方労災保険に特別加入しないと現場に入れない」からです。
また、一人親方さんは労働者ではなく事業主として仕事をしているので、自ら労災保険に特別加入しないと仕事中の事故の補償が受けられなくなります。

その他にも一人親方労災保険に特別加入すると次のようなメリットがあります。
① 労働者のように労災補償を受けることができる
→仕事、通勤時の怪我や病気の治療費が無料になる、また休業補償などがあります。
② 元請の現場に入りやすい
→現場により、労災保険の加入は必須になっていることが多いため、加入していると現場に入りやすくなります。
③ 国の労災保険料は比較的安い
→一人親方労災保険は国が設けているため、民間の保険と比べても保険料は安くなっています。
一人親方労災保険の主な費用は、国に納める労災保険料と、加入する団体に支払う入会金・組合費などです。
入会金・組合費は各団体によって金額が異なりますが、労災保険料は国に納めるため、どの団体も同じ金額です。
④ 安心感を得られる
→建設現場では、業務上の事故のリスクが大きいため、万が一の時に補償が受けられるのは安心感につながります。
⑤ 保険料は控除の対象
→労災保険で支払った保険料は、すべて社会保険料控除の対象になるので、所得税と住民税が安くなります。

以上の点で、一人親方労災保険に加入することにより、多くのメリットがあります。
入場できる現場が増え、また万が一の時には補償もあるので安心して働くことができます。

3.一人親方労災保険に加入する方法

次に一人親方労災保険に特別加入する方法について説明します。

一人親方さんが直接労働基準監督署に行き労災保険に特別加入することはできません。
一人親方さんが労災保険に加入するためには、「特別加入団体」を通じて加入する必要があります。「特別加入団体」とは、各都道府県にある労働局の承認を受けた団体です。
その団体に申し込みと費用を支払うと、団体から加入者証が送られてきます。
このように手続きを行い、一人親方労災保険の加入者証を取得できます。
一人親方さんにとって仕事をする上で一人親方労災保険は必須アイテムであることをご理解いただけたと思います。
そんな一人親方さんにおすすめなのが一人親方労災保険RJCです。
一人親方労災保険RJCは管轄労働局より承認を受けた全国対応の組合です。
「すぐに加入したい」「安い費用で加入したい」「簡単に申し込みがしたい」
そんな一人親方さんにあったサービスを選んでいただけます。

一人親方労災保険RJCでは、HPで簡単に無料見積もり、申し込みができます。
営業時間外の申し込みでも、朝9時までのお申込み完了で正午までに加入者証を受けとれます。
また、朝9時までに間に合わない場合でも15時までに申し込めば、その日の17時30分までに加入者証を受け取れます。
また加入方法は短期加入・長期加入・、毎月払いの3つもあります。
① 短期加入
→必要な期間に合わせて1カ月、2カ月、3カ月が選べます。
② 長期加入
→できるだけ安く、長く入りたい方は、年度末まで加入できます。
③ 毎月払い
→長く入りたいけど、最初の支払金額は安くおさえたい方は毎月払いもあります。

このように、お客様にあったサービスをお選びいただけます。
どのプランでも、加入者証は速達郵送となっています。この速さでこの会費は業界№1の安さです。ぜひご利用ください。

4.まとめ

一人親方労災保険の特別加入制度とは、労働者ではない個人事業主が労災保険に任意で特別に加入することができるという制度です。
労災保険に入れない一人親方さんの味方の保険となっています。
一人親方労災保険に加入することにより、仕事の建設現場・工事現場に入場できます。
また万が一の事故の補償を受けることができるなど、さまざまなメリットもあります。
現場で必須アイテムである一人親方労災保険に特別加入し、現場に入りましょう。

NEW! マイページを登録するメリット NEW! 毎月払い 重要! 元請建設会社さまへ 番号がわかるまで 一人親方労災保険とは 一人親方とは 加入時健康診断 特別加入できる工事業種例 振動工具一覧表 保険料等について 保険料月割算定基礎額表 保険給付 加入者証について 加入可能地域 労災事故にあったら 報告書類 社会保険未加入事業所対策 よくあるご質問 確定申告について お問合せフォーム リーフレット一覧 参考資料一覧 関連サイト リンク集 東日本大震災の復興作業について(除染作業) 一人親方労災保険RJCについて 労災保険指定医療機関検索(外部ページ) サイトマップ メルマガバックナンバー 月刊一人親方バックナンバー 加入申込み事例 労災事故事例 メールが届かないときは?